長崎県広報テレビ番組|みジカなナガサキ|消防団の活動を知ろう!

【みジカなナガサキ 】

長崎がもっと“みジカ”になる!
長崎県広報テレビ番組

~ 消防団の活動を知ろう! 編~

ここ数年災害の規模が大きくなっていて、地域の防災力を高めることが課題となっています。

そこで自らの地域は自らで守る!という地域愛のもと、消防・防災活動を行っているのが消防団です。

消防団は私たちが安全な生活を送るために必要不可欠な存在です。
活動内容を簡単に紹介します。

消防団は火災発生時の消火活動をはじめ、大雨の際の警戒活動や避難誘導活動など地域住民の安全確保のために活動しています。

県内の消防団員の数は17,377人で、そのうち約7割は一般の会社に勤める方々です。

消防団員は非常勤特別職の地方公務員になるため、報酬や手当も支給されます。

また、災害が発生していない時でも住民へ防火指導や応急手当の普及指導など地域の防災力向上に取り組んでいます。

災害現場への出動ではなく、広報活動をメインに行う消防団員も増えてきています。

東部地区にこにこセンターで消防局と消防団による地域の防災意識を高めるためのイベントが行われました。

長崎市消防団 佐野さん

消防団員として普段はどんな活動をしていますか?

広報活動や啓発活動・AEDの使い方などみんなに広める活動をしています。

この活動のやりがいはバッジを作ったり、紙芝居をすることで小さい子どもたちが笑顔で楽しんでくれることです。

2年前に消防団に入団した大学生の西村さん


入団してよかったことを教えてください。

将来、幼稚園の先生を目指しているので消防団で心臓マッサージなどの救命救急を学び、将来に役立つ知識を習得できたことです。

この日は、救急車の展示や消防団員の活動時の服の試着体験も行われ、多くの親子連れが参加しました。

消防団の活動について


消防車とかは子どもたちが大好きなので消防車が来るイベントは頻繁に行くんですが、実際にお話を聞いたことはなかったので消防団がどんな活動をしているのかは知らなかったです。

イベントに参加した感想

救急車にいっぱいボタンがあるところが楽しかったです。

イベントに参加した感想

救急車が見られて子どもにとって楽しいイベントだなと思いました。また来たいです。

県では、消防団の活動についてみなさんに知ってもらうためにPR動画を作成しました。
現役の地元大学生が出演し、消防団の魅力ややりがいを紹介しています。

長崎県公式YouTubeチャンネルからご覧下さい。


18歳以上でその市や町に住む方であれば入団することができ、一部の市や町では、その市や町に通勤・通学している方でも入団できます。

詳しくは長崎の消防団で検索🔎

消防団の魅力が伝わって団員の数がどんどん増えると嬉シカ〜

鹿だけに🦌

関連記事一覧

  1. 【みジカなナガサキ 】|長崎県広報テレビ番組|農業大学校 編

  2. 長崎県広報テレビ番組|みジカなナガサキ|離島への快適な空の旅

  3. 【みジカなナガサキ 】|長崎県広報テレビ番組|情報収集と備蓄編

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。